ここから本文です

海の生き物に関心持って 「出張」京都水族館が人気

7/14(土) 7:55配信

産経新聞

 幼い頃から海の生き物に関心を持ってもらおうと、京都水族館(京都市下京区)が各地の幼稚園に“出張”して生き物を展示する「移動水族館」が人気を集めている。

 移動水族館は、同館が地域の教育機関と連携して取り組むプロジェクトの一環。平成27年から同市内の幼稚園を巡回し、海の生き物の魅力を伝えている。

 先月下旬には上京区の翔鸞(しょうらん)幼稚園を訪問。透き通った傘が特徴のミズクラゲや強い毒を持つアカクラゲなど4種類のクラゲが展示された。集まった同園や乾隆(けんりゅう)幼稚園(同区)の園児25人は興味津々の様子で水槽を囲み、クラゲの生態や泳ぎ方などを説明する飼育員の話に聞き入っていた。

 また、エサやりの実演では、クラゲがエサのプランクトンを捕まえ、透明な体内に取り込む様子をじっくりと観察していた。

 翔鸞幼稚園の西川想助君(5)は「水族館に行って、もっといろんなクラゲを見てみたい」と笑顔を見せた。

最終更新:7/14(土) 7:55
産経新聞