ここから本文です

『ファイプロワールド』団体運営モードや“タイガーマスク”選手ら登場の今後のDLC情報公開!現実のプロレス結果占うイベントの様子も

7/14(土) 12:00配信

Game Spark

2018年7月13日に明治記念館にて行われた、新日本プロレス「G1 CLIMAX 28」記者会見。同会見の後に、スパイク・チュンソフトよりPS4版がついに8月9日に発売となる『ファイヤープロレスリング ワールド』のイベントが開催されました。

大きな写真で詳しく見る

このイベントでは“暴走キングコング”真壁刀義選手と、『ファイプロワールド』総監督の松本朋幸氏が登壇。新日を始め、様々なプロレス団体の実況で知られる村田晴郎氏の司会の元、進行がなされていきました。


まずは松本氏が『ファイプロワールド』のマスターアップを報告。その後、7月14日より遂に開催となる「G1 CLIMAX 28」の結果を、『ファイプロ』シリーズならではの特徴、ロジックまで作り込まれたCPU同士の対戦を通じ予想してしまおう、という今回のイベントの趣旨が発表。


Aブロック・Bブロックの結果一覧が公開に。結果、Aブロックは棚橋弘至選手、Bブロックは内藤哲也選手が勝利。続いて両選手による決勝戦の様子がダイジェスト放映されました。


決勝では、両選手とも軽めの当たりから入り、お互いに『ファイプロ』の雰囲気を残しつつ、真壁選手も「腹立つねえ」「似てる、似てる、似てるっていうかそのものよ」と言うほどに忠実に作り込まれたムーブやCPUの動作を披露。


最終的にはなんと、現実のG1最長試合である2017年8月の内藤哲也選手vsケニー・オメガ選手の第27回大会優勝決定戦の34分35秒を超過することに。最後はデスティーノからの片エビ固めで内藤選手が見事に連覇を決めました。


松本氏曰く「夢で見るほど試合を研究して作成した」選手の試合の後は、PS4限定版パッケージの特典の紹介に。


圧縮タオルはチャンピオンベルトを模した形状で収録。展開するのが惜しくなる方もいるのではないでしょうか
真壁選手が途中「俺の(関連特典)はねえのかよ!」となる一幕もありましたが、それを含め和やかな雰囲気で紹介は進行。イベント後の質疑応答の場面では『ファイプロワールド』のゲーム大会が今後行われる予定も示唆されました。


また、このイベントに合わせて今後の『ファイプロワールド』DLC情報が発表。第1弾として団体運営モード「ファイヤープロモーター」が2018年秋に2,160円で予定されている他、第2弾として「ジュニアヘビー級ストーリー」が公開。


この「ジュニアヘビー級ストーリー」では新日本プロレス・ジュニアヘビー級の世界を体験する新シナリオが収録されている他、ジュニアヘビー級選手自体も多数追加。


獣神サンダー・ライガー選手や4代目タイガーマスク選手、邪道選手、ウィル・オスプレイ選手、SHO選手、YOH選手、ロッキー・ロメロ選手、バレッタ選手、高橋裕二郎選手、ドラゴン・リー選手らの収録予定が発表されました。「ジュニアヘビー級ストーリー」DLCは2018年秋に1,600円で配信予定。

記者会見での一幕。新世代の台頭、新日本プロレスの興行の好調に触れ、「それでこそ、まだまだ上に行かなきゃいけねぇな」「とりあえず、すげぇモン見せてやるよ」と志を新たにする真壁選手
また、第3弾DLCでは、現時点では詳細は不明ながら、何らかの新規ストーリーモードが実装になるとのことです。なお、ダウンロード版では、ゲーム本編のみの「通常版」に加え、ゲーム本編と3つのDLCがセットの「シーズンパス」が同梱の『ファイヤープロレスリング ワールド デジタルデラックスエディション』も配信となります。

新日本プロレス選手が実名で多数登場する『ファイヤープロレスリング ワールド』PS4版は2018年8月9日に6,264円(税込)で発売予定。Steam(PC)版は、3,240円(税込)で配信中。Steam版には別途有料での新日本プロレスコラボレーションDLC販売が予定されています。

限定グッズが3点同梱のPS4パッケージ版『ファイヤープロレスリング ワールド 新日本プロレス PREMIUM EDITION』は10,584円(税込)、ゲーム本編とシーズンパスがセットの『ファイヤープロレスリング ワールド デジタルデラックスエディション』は10,584円(税込)にてPS4向けに2018年8月9日配信予定となっています。PS4向けシーズンパス単体は5,480円(税込)で配信予定です。

Game*Spark Arkblade

最終更新:7/14(土) 12:00
Game Spark