ここから本文です

マルケス、”無敗”5連勝中のザクセンリンクに不安要素?「昨年型のバイクの方がパフォーマンスが良い」|MotoGPドイツGP

7/14(土) 15:02配信

motorsport.com 日本版

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、ホンダの2018年仕様バイクは昨年と比べて、ドイツGPの舞台であるザクセンリンクでいくらかパフォーマンスを失っていると感じたようだ。

【リザルト】中上貴晶7番手! MotoGPドイツGP初日結果

 ホンダは、2009年以来ドイツGPを8連勝している。ダニ・ペドロサが3連勝した後、マルケスが最高峰クラスにデビューした2013年から5連勝を飾っているのだ。

 今年のドイツGPは、初日を終えてマルケスは総合5番手。一方、昨年仕様のバイクを使用している中上貴晶(LCRホンダ)も好調で、マルケスとは0.1秒差の総合7番手となっている。

 マルケスは、昨年仕様のバイクの方がザクセンリンクではより強力なパッケージだと考えているようだ。

「今年仕様のバイクについては、僕たちの長所が少し減って、弱点が少し増えている」とマルケスは話した。

「僕たちは非常に安定したバイクを持っているが、過去のこのレースでは、いくつかのエリアで非常に強かった。中上のようにね。昨年のバイクに乗っている彼は非常に速かった」

「今年のバイクは、おそらくいくらかパフォーマンスを失っているかもしれないが、チャンピオンシップは19レースで戦うものだと理解することが重要だ」

「どうなるか見てみよう。僕たちは日曜日に優勝しようとやってみる。だけどもし勝つことができなくても、チャンピオンシップで41ポイントのアドバンテージがあることを理解することが重要なんだ」

 しかしながら、マルケスは自身のペースそのものをそれほど心配しているわけではない。FP1ではリヤにソフトタイヤを1セットのみ、FP2は同じくリヤにミディアムタイヤ1セットのみを使用してロングランに集中していたという。

「プラン通りだった」と彼は説明した。

「僕たちはレースに集中していた。いつもの金曜日と同じだ」

「最後に新しいソフトタイヤを使わなかったので、終盤にタイムを上げられなかった。でも、それは僕たちの予定通りだ。なぜなら、僕たちの優先順位は他のところにあったからだ」

 今季、まだトップ10フィニッシュがない中上は、ここ数戦よりも”はるかに良い感触”を持ったという。土曜日のFP3でトップ10圏内を維持できれば、初めて予選Q1をスキップし、Q2へ進むことを目標としているとコメントした。

 彼のチームメイトで2018年仕様のバイクに乗るカル・クラッチローは、9番手となり”良くない1日だった”と話した。

「言い訳はない。今日は良い1日とはならなかった。シンプルに、バイクの感触が良くなかった」とクラッチローは説明した。

「マルクは明らかにうまくいっている。タカ(中上)も素晴らしい。だが僕とダニ(ペドロサ/レプソル・ホンダ)はグリップに苦しんでいるようだ」

 今シーズン限りでMotoGPを引退することを発表したペドロサは、ブルノでのプライベートテストでは感触が良かったものの、ザクセンリンクでの初日は総合20番手となった。

「今日は非常に奇妙だった」とペドロサは語った。

「残念ながら、僕はバイクに良い感触を持てなかった。フロントに苦しんでいた。コーナーでうまくターンすることができず、多くのタイムを失った」

「バイクのセッティングの面で、今年は少し苦しんでいる。どこでも使えるようなベースセッティングを見つけられていないようだ」

「ブルノでは良いフィーリングを感じたが、このトラックではそのセットアップが機能しなかった。だから今日は、いくつかの問題に直面した。明日はもっと速くなれるか見てみよう」

Valentin Khorounzhiy