ここから本文です

スカーレットブーケが30歳・老衰で死す 産駒がG1・9勝&重賞15勝

7/14(土) 6:00配信

デイリースポーツ

 日本を代表する名牝が大往生を遂げた。ダイワメジャー、ダイワスカーレットの母として知られるスカーレットブーケが12日、けい養されていた北海道日高町の社台ブルーグラスファームで、老衰のため死んだことが分かった。30歳だった。

 ノーザンテーストを父に持つ同馬は、栗東・伊藤雄二厩舎から90年にデビュー。翌年のデイリー杯クイーンCなどを制し、21戦6勝(うち重賞4勝)の戦績で92年に引退した。より名声を上げたのは、繁殖牝馬となってからだ。14頭を産み、04年皐月賞などG1・5勝を挙げたダイワメジャー、08年有馬記念などG1・4勝をマークしたダイワスカーレットを筆頭に、産駒が重賞15勝(うちG1・9勝)を挙げている。

 繁殖生活を終えた後は、功労馬として余生を過ごしていた。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ