ここから本文です

空中カフェスタート 地上100メートルでスイーツ

7/14(土) 12:59配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 空中カフェ2018が13日、小矢部市のクロスランドタワー展望フロアで始まり、大勢の来場者が地上100メートルからの眺めを楽しみつつ、季節感あふれるスイーツを味わった。22日まで。

 県内の人気店11店が14種類のスイーツを用意し、期間中は毎日違う組み合わせの2品が楽しめる。初日はライチジュレと7種類のフルーツを組み合わせた「フルーツカクテル」と、マンゴーピューレやミルクチョコレートムースなどでできた「キャラメルマンゴー」が提供された。

 展望フロアからは散居村や三井アウトレットパーク北陸小矢部、北陸新幹線などを見下ろせる。初めてタワーに登った木内静子さん(70)=魚津市仏田=は「こんな場所でスイーツを味わえるなんて貴重な経験ですね」と笑みをこぼし、友人とのおしゃべりに花を咲かせた。一緒に訪れた竹山純子さん(68)=入善町上野=はスイーツを味わいながら「おいしいです。景色を見ていると、鳥になったような気分」と声を弾ませた。

 家族連れも目立ち、長男の冬馬ちゃん(6カ月)を抱っこしていた上野晴香さん(24)=高岡市六家=は「夏らしいスイーツ。一度に違う店の味が楽しめてうれしい」とほほ笑んだ。

 空中カフェは午前10時~午後5時(ラストオーダーは4時半)。18日は休み。スイーツ2品とドリンク、タワー入場料込みで当日券1200円。前売り券(1100円)はクロスランドおやべが各日の2日前まで販売している。クロスランドおやべ、北日本新聞社主催。問い合わせはクロスランドおやべ、電話0766(68)0932。