ここから本文です

【高校野球千葉大会】銚子商、貫禄コールド勝ち 検見川は長生に競り勝つ

7/14(土) 7:55配信

産経新聞

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会は13日、10球場で1、2回戦計26試合が行われた。

 東千葉の2回戦では8年ぶりの甲子園を目指す成田が8-7のサヨナラ勝ちで多古を撃破。古豪・銚子商は7番・久保形の本塁打などで序盤に8点を奪い、柏井にコールド勝ちした。昨夏4強の検見川は長生に2-1で競り勝ち、3回戦に駒を進めた。

 西千葉の1回戦では多彩な投手陣を擁する我孫子東が主戦・鶴岡の7回7奪三振1失点の好投で沼南に6-3で勝利。2回戦から登場した船橋は九回裏に一挙4点を挙げ、エドポロなど強打者をそろえた日体大柏に8-7でサヨナラ勝ちを収めた。

 14日は8球場で東・西の2回戦計22試合が行われ、昨夏優勝の木更津総合や拓大紅陵などのシード校が登場する。

最終更新:7/14(土) 7:55
産経新聞