ここから本文です

川畑 要(CHEMISTRY) 笑顔が溢れた初主催イベントでピアノの弾き語り初披露

7/14(土) 17:00配信

エキサイトミュージック

CHEMISTRYの川畑 要が、7月7日に地元・東京都葛飾区で自身初となる主催イベント『川畑要presents 下町SOUL2018』を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2016年にかつしか観光大使に任命されている川畑が「下町に音楽を届けたい」という想いから今回のイベントを旗揚げ。会場となった“かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホール”にも、葛飾区とのコラボレーション企画であるフォトスポットコーナーや、七夕にちなんだ短冊コーナーが設けられた。

イベントのMCは、同じくかつしか観光大使を務める内山信二と、川畑の事務所の後輩でもあるトミタ栞が務め、川畑と内山は生まれた場所が近所といった地元トークで盛り上げ、川畑による「それでは『下町SOUL』、スタートです!」の合図でイベントが始まった。

トップバッターはJONTE。ミュージカルの共演を機に、川畑とは良き飲み友達に。「光栄です。光栄です」と何度も口にする人柄の良さや表現力豊かな歌声が会場を魅了する。続いてMs.OOJA。川畑との出会いは4~5年前。その時、川畑の腰の低さと顔の小ささに驚いたと話し、言葉が突き刺さるようなバラードを見事に歌い上げて会場を圧倒した。音楽番組のレギュラーで親交を深めたTEE。レゲエ、R&B、ラテンを難なく歌いこなす彼。客席に飛び降りるなど盛り上げ上手で会場はあっという間にTEEワールドとなった。

実力派揃いとなった『下町SOUL2018』。川畑 要はそのトリにふさわしい堂々とした歌を聴かせた。オリジナルとアレンジを変えた「かまわない」から始まり、久々に披露されたソロデビュー曲「TOKYO GIRL」、必殺のダンスチューン「スターシップ」の2曲を続け、2階席が揺れるほどの盛り上がりとなる。

圧巻だったのは、ジョン・レジェンドの「All of Me」のピアノ弾き語りでカヴァー。暗転の中、スポットライトに照らしだされピアノへ川畑が向かった瞬間、この日一番の歓声が沸き起こった。直後のMCで、未経験からこの日のために密かに練習を積んでいたことを明かした。その後、ソロ未発表曲「make it happen」では観客との掛け合いで大いに盛り上げ、最後を飾った「Sweet pain」では大きな手拍子が会場に響き渡った。

「本当にドキドキして。こんな緊張感は初めて味わいました」と川畑。それだけ『下町SOUL2018』と、地元・葛飾区に対する思い入れは強かった。イベントの最後には「下町らしく、ほんわかと終わりたい」と、葛飾を代表する曲としてアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主題歌「葛飾ラプソディー」を出演者全員で歌唱。ステージにも客席にも笑顔が溢れていた。

デビューからの夢を実現させた川畑。彼が七夕の短冊に書いた願いは「いつか『下町SOUL』が(地元の)水元公園で開催されますように」だった。