ここから本文です

インターハイ活躍を誓う 水戸 県選手団の結団式

7/14(土) 6:00配信

茨城新聞クロスアイ

三重、愛知、静岡、岐阜の東海4県を中心に26日に開幕する全国高校総体(インターハイ)に出場する本県選手団の結団式が13日、水戸市千波町の県民文化センターであり、選手が晴れ舞台での活躍を誓った。

結団式には、インターハイ28種目のほか、全国高校選手権(馬術、ライフル射撃)、全国定時制通信制大会10種目に出場する選手・監督を含め約500人が参加。県高体連の直江克也会長(太田一高校長)から、インターハイ開会式で旗手を務める重量挙げの西堅也選手(高萩清松高3年)に県高体連旗が手渡された。

団長の直江会長は「大舞台に臆することなく、自信と誇りを持ち、日頃鍛えた力と技を遺憾なく発揮してほしい。来年の茨城国体、再来年の北関東インターハイへの大きな期待となることを願っている」と激励した。

全選手を代表してバレーボールの北島楓選手(大成女高3年)が「青春の全てをスポーツに注いできました。平成最後のインターハイを共に戦う仲間を信じ、支えてくださった方々への感謝の思いを忘れず、正々堂々プレーすることを誓います」と力強く宣誓した。(藤谷俊介)

茨城新聞社