ここから本文です

「プラモにしたいんで図面ください」ホンダ「ありません」 異色の『美少女×耕運機』プラモデル誕生の秘密(前編)

7/14(土) 11:00配信

ねとらぼ

 2018年5月にマックスファクトリーから発売された、「minimum factory みのり with ホンダ耕耘機F90」。これまでアニメなどに登場するキャラクターをプラモデルという形で商品化してきたminimum factoryシリーズの新機軸となる製品だ。

【全ての製品画像を見る】

 というのも、このキットのコンセプトは「メカ×女子」。山下しゅんや氏によるオリジナルキャラクターの“みのり”ちゃんと、1966年に販売されたホンダ製耕運機である“F90”とが組み合わされたキットなのである。これまでキャラクターのみを扱ってきたminimum factoryシリーズにとって、そしてマックスファクトリーにとっても、実在のメカを縮小して模型にするというのは初の試みである。

 しかし、「なんでいきなり耕運機、それも半世紀以上前の耕運機をいきなりプラモデルに……。大体F90って何……?」という疑問が次々に湧いてくるのもまた事実。

 というわけで、マックスファクトリーにてキット企画を担当した高久裕輝さん同行のもと、栃木県のレースサーキット「ツインリンクもてぎ」に併設されているホンダコレクションホールへ直行。コレクションホールに保存されているF90の実車や膨大な展示物を前にしつつ、本田技研工業パワープロダクツ事業本部所属の中島茂弘さんにお話を伺った。

 そこで明かされたのは、ホンダの「エンジンで暮らしを豊かにしたい」という理念と、それが具現化されたオーバースペックなある耕運機の姿だったのである。

“願ったりかなったり”だった、耕運機のプラモデル化

――まず大前提からお聞きしたいんですけど、なんで耕運機をプラモデルにしようと思ったんですか?

マックスファクトリー・高久:もともと弊社で「minimum factory」という1/20スケールフィギュアのプラモデルシリーズを出してたんですけど、これって需要がキャラクター人気に左右されちゃうんです。お客さんがキャラを知ってるかどうかで売り上げが決まってしまうんですね。

 フィギュアだけだと遊び方が伝わりにくいし、人気のあるなしだけでプラモの売れ行きが左右されるのもアレだし、可能であれば何かメカをつけたほうがより模型的な応用力が上がるだろうと。

――1/20スケールで、しかも女の子と絡ませやすいメカが必要だということになるわけですね。

高久:1/20スケールのメカというとバイクや車が思い付くんですが、1/20だと車は大きすぎるしバイクは小さすぎるんです。もっというとバイクの模型とかはもう存在するので、今度はそっちと比べられてしまう。

 そういう条件のもとにアイデアを出し続けた結果、「耕運機、どうすか?」となったわけです。耕運機って、耕運機のことは何にも知らなくても、シチュエーションがパッと浮かぶじゃないですか。そういう機械ってあんまりないんですよ。特定のどこか停まっているシチュエーションがすぐ想像できる車やバイクってあんまりない。でも耕運機はフィギュアの服装も決まるし、シチュエーションも決まるし、非常にコンセプトがクリアだと。

――確かに、畑以外にはあんまりいないですね、耕運機……。

高久:で、一番かっこいいのはなんだろうといろいろリサーチをしているときに、2015年のモーターショーでF90が展示されてて、その写真を見て作ろうと思ったんですよ。そのときは今の耕運機の「こまめ」とかと並べて展示してあって。で、ホンダさんに声をかけたら初っぱなで中島さんに当たったんで、もういきなりすごい人に出てきていただいたという感じです。

――中島さんは、今までホンダでどういったお仕事をされていたんですか?

ホンダ・中島:私自身は三十数年を二輪車部門で仕事して、現在は汎用機械(パワープロダクツ)部門に一昨年に異動して来ました。パワープロダクツは素敵なところでした。

 一番良いのは組織がコンパクトだったところです。パワープロダクツに従事する従業員は四輪の10分の1程度で、二輪の5分の1程度なんです。

――確かに人数がずっと少ないですね。

中島:コンパクトな組織の魅力は、1人当たりの仕事の範囲の広さと、意思決定の早さです。

 例えば高久さんから「プラモデルをやりたい」といわれたときは、まず私が「面白いですね、やりましょう」と回答して、その後に詳細を検討してトップに相談しました。当然、メリットやリスクを考えながら相談しますが、まずは面白いかどうかです。

高久:確かに、どうしましょうって考えてる時間がほとんどなかったですね。

――汎用機械部門に「プラモデルを作りたいんですけど」っていう話が来ることって……

中島:少なくとも私が知ってる限りではこれまでなかったです。二輪の方では、毎年多くの商品化に関する問い合わせがあるんですよ。でも、パワープロダクツでは商品化の話を聞きませんでした。そこで、能動的に活動をしようとした矢先に、高久さんからお話をいただいたんです。渡りに船でしたね。

――ホンダさんからメーカーに働きかけようとしてたんですか!

中島:やろうと思ってました。二輪のときに付き合ってたメーカーに対してプレゼンをして、声かけて引っ掛かってくれないかなと思ってたくらいで。そこに本当にいいタイミングでお話をいただいたんですよ。食玩程度でもいいと思っていたくらいなんで、それがこれだけしっかりしたキットになるとは思ってなかったですね。

――話が来たときにはどうでした?

中島:私としてはうれしかったです。過去に商品化の経験がなければ、なかなかこのプロジェクトの魅力を理解できなかったかもしれませんが。最初はフィギュアだと思ってたんですけど、高久さんからよくよく話を聞いてプラモデルだと分かったくらいで。

――マックスファクトリー的には最初からプラモでやろうということでしたもんね?

高久:もちろんです。まずフィギュアのプラモデルありきで、横に耕運機があったらよくないですかという話を持って行きました。

中島:二輪時代にプラモデル化などの窓口経験もあるのですが、二輪の場合はこだわりがすごいんです。再現に関してもそうだし、ファンで乗ってらっしゃる方もたくさんいるんで。例えばCBR1000RRのプラモデルを出しますって言ったときに、これはなんだか現物と違うということになると「なんでこんなものを許可したんだ」ってホンダも怒られちゃうので。

――ホンダ愛ゆえのクレームですね……じゃあバイクのプラモに女の子のフィギュアなんかつけたら……?

中島:間違いなく賛否両論でしょうね。だけど、汎用機械部門でこういう提案をしていただいたことが過去にほとんどなかった。キット化の声をかけていただいたときに、パワープロダクトもこういう世界観をどんどんやっていって、世の中の人に知ってもらわなきゃいけないと思ったんです。だからもうガンガンやりましょうと。あ、でも一応「女の子のフィギュアは裸じゃないよね?」とは聞きました(笑)。

高久:裸もそうですし、露骨な「萌え~!」という感じも避けようという。

高久:たまたま女の子にF90のフィギュアをつけようと思って企画書持ってったんですけど、そこで3ちゃん農業(※)の話を聞きまして、「女性やおじいちゃんおばあちゃんでも使える機械を作ろう」というのが当時のホンダの汎用機械の基本コンセプトだというのを知りました。それがキットのコンセプトとも合致してたんで、もう「願ったりかなったりです!」と。

※3ちゃん農業:それまで農家の働き手だった男性が出稼ぎに出たりして、残された「じいちゃん・ばあちゃん・かあちゃん」だけで農業が営まれること。1963年の流行語にもなった。

1/2ページ

最終更新:7/14(土) 11:00
ねとらぼ