ここから本文です

笑い飯・哲夫、“徴農制”提案「農業やりましょう」

7/14(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 お笑いコンビ、笑い飯の哲夫(43)が13日、東京・世田谷区の都立園芸高で約400人の生徒を前に「二十世紀梨育成」の講演会を行った。

 鳥取・湯梨浜町で梨栽培を行う“住みます芸人”の加藤アプリ(34)が梨農家への就農を促す講演会に、指南役として参加。梨のもぎ方を「引いて押す。女性へのアプローチと一緒」などと説明した。

 また、“徴農制”の導入を提案し「18歳になったら1回農業を体験して、それから他の仕事に進むのもいい。農業は面白い。やることなくて家で屁をこいてる人は湯梨浜町来て農業をやりましょう」と呼びかけた。