ここから本文です

【WWE】紫雷イオ8月の女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック2018」で世界デビュー

7/14(土) 12:53配信

東スポWeb

 WWEジャパンは14日、スターダムを退団した天空の逸女こと紫雷イオ(28)がWWE女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック2018」(全32選手参加)に出場することを発表した。

 6月末の日本公演でWWEとの契約を正式発表したイオにとっては待望の世界デビューの場となる。

 第1回は昨年8月にWWE史上初の女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」として開催され、元スターダムの盟友カイリ・セイン(29=宝城カイリ)が見事に優勝。2回目の今年は8月8日(日本時間同9日)と9日(同10日)に開幕し、1回戦16試合が行われる。

 イオのほかには元WWEディーバ王者のケイトリン(31)、現在NXTで活躍し2年連続の出場となる英国美人のリア・リプリー(21)、日本の人気テレビ番組「SASUKE」の米国版「アメリカン・ニンジャ・ウォリアー」を女性として初めて制覇したケーシー・カタンザロ(28)、12年のキャリアを誇るベテランのニコール・マシューズ(31)、英国の独立団体「プログレス」の現女子王者ジニーの参戦が発表されている。センダイガールズの里村明衣子(38)も参戦が濃厚と見られている。

 また同トーナメントはWWEネットワークで配信される(日程は未定)。

最終更新:7/14(土) 12:55
東スポWeb