ここから本文です

西武・秋山、史上初2年連続先頭弾「無我夢中でした」 快挙も賞は逃す

7/14(土) 6:00配信

デイリースポーツ

 「マイナビオールスターゲーム・第1戦、全パ7-6全セ」(13日、京セラドーム大阪)

【写真】松坂、球宴盛り上げた!「温かい声援に驚きました」

 必死にバットを振り捉えた打球は右翼席に飛び込んだ。西武・秋山は大歓声を受けながら興奮気味にダイヤモンドを回った。憧れの先輩・松坂を打ち、球宴史上初となる2年連続2度目の先頭打者本塁打だ。

 「無我夢中でした。(打球を)前に飛ばさないといけないと思って打席に入って、最後に捉えることができました。うれしいです」。偉大な記録を打ち立て喜びをかみ締めた。

 カウント2-2から松坂独特の動くボールで捉えても、3球はファウルにされた。「前に飛ばさないと、と思いポイントを前にした」。フルカウントからの9球目。修正した打撃でしっかりに捉え、パ・リーグの首位打者の打撃術で攻略した。

 横浜創学館出身の秋山にとって同じ神奈川県の横浜高、しかも西武の先輩でもある松坂は特別な存在だ。今季の交流戦では、松坂が登板直前に回避。「もう、現役で対戦する機会がないのかなと思ってた。こういう機会をもらって新鮮な気持ちになりました」。怪物打ちは今後の自信につながるはずだ。

 史上初の快挙も賞には結びつかず「これでもらえないとは」と残念がったが、MVPの森には「彼の実力。もっと優しくしようかな」と冗談交じりに称えた。球宴第1戦。首位西武の切り込み隊長が豪快弾で存在感を存分に見せつけた。

スポーツナビ 野球情報