ここから本文です

障害者170人が「合同企業面談会」 埼玉

7/14(土) 7:55配信

産経新聞

 障害福祉支援事業を手がけるチャレジョブ(桶川市若宮)は13日、鴻巣市市民活動センター(鴻巣市本町)で「障がい者雇用合同企業面談会」を開いた。身体や精神などに障害がある20~60代の求職者約170人が参加し、県内を中心に医療関係やメーカーなど31社がブースを設けた。

 面談会は昨年に続いて2回目。昨年は約160人が参加し、43人が企業に採用された。チャレジョブの武藤五郎社長は「面接となるとお互いハードルが上がるので、あくまで出会いの場としての『面談』とした」と意義を強調。また、採用後のミスマッチを防ぐため、面談後2カ月から半年ほど時間をかけて見学会や実習などを実施していくという。今回初めて参加した脱毛サロン「KIREIMO」を展開するヴィエリス(東京都港区)は動画で仕事内容を紹介。同社の柳町京子さんは「(面談会は)大変いい試み。次回以降も参加したい」と話した。

最終更新:7/14(土) 7:55
産経新聞