ここから本文です

全海水浴場、水質クリア 日立など16カ所、きょう海開き

7/14(土) 7:55配信

産経新聞

 県内の海水浴場が14日から順次、海開きする。県が4、5月に行った水質調査では、県内の18カ所全てが国の求める水質基準をクリアし、昨年に続いて最上級の「AA」か「A」と判定された。

 調査結果は「AA」が6カ所、「A」が12カ所。全海水浴場で油膜は確認されず、腸管出血性大腸菌「O157」も検出されなかった。透明度も1メートル以上の「全透」だった。

 また、県が5日までに行った海水と砂浜の放射性物質調査の結果も公表された。海水の放射性物質は全18カ所で不検出で、砂浜の放射線量は0・03~0・06マイクロシーベルトで、沿岸市町村などと同等で問題ないという。

 県内の海水浴場は、高萩、日立、ひたちなか、鹿嶋、神栖の5市と大洗町の16カ所が14日に、北茨城、鉾田両市の2カ所が21日にオープンする。

最終更新:7/14(土) 7:55
産経新聞