ここから本文です

若者や女性の就労支援 磐田市と静岡労働局、雇用対策で連携協定

7/14(土) 8:01配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 磐田市と静岡労働局は13日、雇用対策推進に向けた連携協定を締結した。若者や女性、障害者の就労を支援する。県内自治体では県を含め8例目。

 協定に基づき、同市豊田地区に8月開所予定の新施設「ひと・ほんの庭にこっと」に子育て世代の就労相談窓口を置く。大学生や高校生、パートタイマー、障害者向けの面接会を開き、求職者と企業のマッチングを促進する。施策効果を高めるため、市と労働局で協議会を設置する。

 市役所での締結式で、渡部修市長と高森洋志局長が協定書を取り交わした。渡部市長が「共同歩調で就労環境を少しでも底上げしたい」と述べると、高森局長は「人口減少の中、働く意欲のある人々が活躍できる流れを作りたい」と応じた。

静岡新聞社