ここから本文です

西日本豪雨 58市町に交付税350億円前倒し

7/14(土) 7:55配信

産経新聞

 安倍晋三首相は13日、官邸で開かれた西日本豪雨の非常災害対策本部会議で、被災した10府県の58市町に対し総額350億円の普通交付税を繰り上げて配分すると表明した。東日本大震災など地震災害を除くと平成に入って最大額。17日に交付する。首相は「各被災自治体は財政的に躊躇(ちゅうちょ)することなく全力で応急対応や復旧対応にあたってほしい」と強調した。

 主な交付自治体と交付額は、広島市30億5400万円、岡山市21億6900万円、愛媛県今治市13億6200万円など。普通交付税は4、6、9、11月の4回に分けて配布される。今回は9月交付の一部を前倒しする形で、6月概算交付額の30%を交付する。

 また、政府は閣議で、被災地の要請を待たずに水や食料、仮設トイレなどの物資を送る「プッシュ型支援」を実施するため、今年度予算の予備費から20億円を支出することも決めた。

最終更新:7/14(土) 7:55
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ