ここから本文です

広島・誠也、初球宴弾!2年ぶり2度目の敢闘賞

7/14(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 マイナビオールスターゲーム第1戦(13日、全パ7-6全セ、全パ1勝、京セラ)宣言通りのフルスイングでバックスクリーンに放り込んだ。全セの「5番・右翼」で先発出場した鈴木(広島)が球宴初本塁打を含む2安打1打点で、自身2年ぶり2度目の敢闘賞に輝いた。

 「ホームランを狙うことはずっと頭に入れていました。本当に、最高の舞台でホームランを打てて、いい思い出になりました」

 0-5で迎えた二回一死からの1打席目、菊池(西武)の真ん中直球を振り抜いた。球宴前に「(対戦したいのは菊池さんです。速い真っすぐを狙っていきたい」と宣言していた通り、見事に仕留めた。

 23歳にして球宴3度の出場を誇る“お祭り男”は三回にも山本(オリックス)から右前打を放ってマルチ安打。これで通算成績を12打数6安打2打点とした。

 いつも以上に気合が入っている。本拠地の広島は西日本を襲った記録的な豪雨で甚大な被害を受けた。「1本打てて、(被災者が)少しでも喜んでもらえたらいい。あしたも熊本がある」。14日には本塁打競争にも出場する予定。カープの顔としてさらなる大暴れを目指す。