ここから本文です

<大相撲>新大関・栃ノ心が休場 右足親指を痛める

7/14(土) 9:30配信

毎日新聞

 大相撲の西大関・栃ノ心(30)=春日野部屋=が名古屋場所7日目の14日から休場することが決まった。栃ノ心は6日目に小結・玉鷲に敗れた一番で右足の親指を痛め、日本相撲協会に「右母趾(ぼし)MP関節側副靱帯(じんたい)損傷で約1カ月の休業を要する見込み」との診断書を提出した。新大関の休場は、全休した2000年夏場所の武双山以来。栃ノ心の休場は昨年初場所以来7回目で、7日目の対戦相手の正代は不戦勝となる。

 今場所は19年ぶりとなる3横綱全員不在に加え、初日から5連勝と好調だった新大関も休場の事態となった。栃ノ心は「今の状態では力が入らない。良くなったら出る。悔しいね」と話した。再出場せずに負け越しが決まると、秋場所(9月9日初日、東京・両国国技館)はカド番となる。【吉見裕都】

最終更新:7/14(土) 12:38
毎日新聞