ここから本文です

「劇場版ポケモン」川栄李奈はこの夏「思い出ゲットだぜ!」

7/14(土) 12:22配信

映画ナタリー

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」の公開記念舞台挨拶が本日7月14日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で行われた。

【写真】「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」公開記念舞台挨拶の様子。(メディアギャラリー他12件)

伝説のポケモン・ルギアにまつわる言い伝えが残る街・フウラシティを舞台にした本作は、テレビアニメ「ポケットモンスター」の劇場版シリーズ第21弾。この日のイベントにはポケモン初心者の女子高生リサ役の川栄李奈、気弱なポケモン研究家・トリト役の濱田岳、嘘がやめられないホラ吹き男・カガチ役の大倉孝二、ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん・ヒスイ役の野沢雅子、リサの弟リク役の中川翔子、ラルゴの父で市長・オリバーと幻のポケモン・ゼラオラ役の山寺宏一、サトシ役の松本梨香、監督を務めた矢嶋哲生が出席した。

映画の公開を記念してモンスターボール型のくす玉が引かれ、イベントがスタート。松本の「ポケモン!」というコールに、キャスト陣と観客は「ゲットだぜ!」と元気いっぱいに答えた。すると松本の声色に対し、客席の子供から「(サトシに)似てる!」と声が。場内爆笑の中、松本は「本物だよ! 20周年のときも子供たちから『上手だね』って言われた」と笑いながら明かした。

キャスト陣は、サトシの決めゼリフにちなみ「この夏ゲットしたいもの・こと」をモンスターボール片手に披露した。映画のヒットを祈願しつつ松本は「みんなの笑顔ゲットだぜ!」と、本作を観た人が笑顔になるようにと希望を述べる。「サトシのあとはやりづらい……」と躊躇するも、川栄は「思い出ゲットだぜ!」と元気よく回答。「夏休みなので、皆さんにもバーベキューしたり、プールに行ったり思い出をたくさん作ってほしい。私は今日ここに立てたことが最高の思い出なので胸にしまってお仕事がんばります!」と呼びかけた。

最近トレーニングジムに通い始めたという濱田は「今年の夏はメリハリボディゲットだぜ」と宣言。場内から拍手を送られ、照れ笑いを浮かべた濱田は「30歳になったんですけど、人生2度目の幼児体型が……。今日の格好もなぜか“むしとりしょうねん”感が出ちゃう(笑)」と自虐し笑いを誘う。最後に矢嶋が「映画のキャラクターはポケモンの存在によって一歩踏み出すことができます。この夏は皆さんも周りにいる家族や友達など、自分を勇気付けてくれる存在を探してもらえたら」と締めくくり、イベントの幕を閉じた。

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は、全国で公開中。



(c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (c)Pokemon (c)2018 ピカチュウプロジェクト

最終更新:7/14(土) 12:22
映画ナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ