ここから本文です

どっちがCGなんだ ある美少女モデルが“実写にしか見えない3DCG美少女「Saya」”にそっくりだと話題に

7/14(土) 17:31配信

ねとらぼ

 2015年10月にTwitterで公開され「実写に見える」と話題になった3DCG美少女「Saya」。そんな人間そっくりな彼女にそっくりな“本物の美少女”が、Sayaのコスプレを披露して大きな注目を集めています。現実とフィクションの交差点だ。

【画像:3DCG美少女「Saya」と比べると】

 Sayaは、CGアーティストの石川晃之さん、友香さん夫婦のユニット「TELYUKA」が作成した3DCG美少女。“不気味の谷”を軽々と飛び越えたようなリアルなビジュアルが反響を呼ぶと、アップデートを重ねた2017年には、女性アイドルオーディション「ミスiD 2018」で架空の存在ながらファイナリストに残り、特別賞を受賞する快挙も成し遂げています。

 そんなSayaそっくりのコスプレを披露したのは、モデルとして活動している高山沙織さん。「sayaちゃんに似ていると言われたので」と制服&ボブヘアでSayaになりきった姿をTwitterにアップすると、現実とフィクションが交差したような仕上がりに「もはや何が現実かわからん」「人に限りなく寄せたCGに限りなく寄せた人」「ひょっとして画面から出てきました?」など驚きの声が多くあがりました。似すぎている……。

 “フィクション級の美少女”としてブレイクの予感がする高山さんですが、実は過去にもSF感満載の“架空の存在”に扮(ふん)して世間を驚かせた経験が。「東京ゲームショウ2017(TGS)」に美少女アンドロイドとして出演した高山さんは、表情や動作が達者すぎるがゆえに“本物のアンドロイド”として多くの人に認知されてしまい、モデリング技術の進歩にネットが騒然となるという珍事が発生したのでした。あの子だったのか……!

 また、Sayaの作成者である石川さん夫婦はTGSをきっかけに高山さんを認知しており、今回のコスプレに対しても、「Sayaに似ていると言われる高山沙織さんはこの時(TGS2017)話題になった方です 私たちもこの時初めて知ってびっくり こんな素敵な方に似てると言われて光栄です」とTwitterでコメント。大きな反響を受けて高山さんは、「まだバズったとは言えないかもだけど自分のアカウントでこうなると嬉しい」「ツイッター通知がすごいから見てたら電車のりすごした」など慌ただしい日々を迎えているようです。

ねとらぼ

最終更新:7/15(日) 20:53
ねとらぼ