ここから本文です

<英国>神経剤「ノビチョク」 被害男性の自宅小瓶から検出

7/14(土) 10:15配信

毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】英南部エイムズベリーで猛毒の神経剤「ノビチョク」に触れた男女2人が死傷した事件で、ロンドン警視庁は13日、被害男性(45)の自宅で見つかった小瓶の中からノビチョクが検出されたと発表した。捜査当局は、ノビチョクを使った元ロシア情報機関員らに対する神経剤襲撃事件との関連を調べている。

 2人は小瓶を拾ったことでノビチョクに接触したとみられ、6月30日に重体となって病院に搬送され、女性(44)は今月8日に死亡、男性は意識を回復した。

 男性の自宅は、3月に元ロシア情報機関員らの暗殺未遂事件が発生したソールズベリーから北約10キロの地点にある。当局は小瓶から検出されたノビチョクが3月の事件で使用されたものと同一か特定を急ぐとともに、2人がどこで小瓶を拾ったかなど経緯を調べている。

 英政府は暗殺未遂事件にロシアが関与したとみている。13日には化学兵器禁止機関(OPCW)に対して専門家派遣を要請し、小瓶の残留物の調査を求めた。

最終更新:7/14(土) 10:15
毎日新聞