ここから本文です

サッカーW杯ロシア大会 デシャン監督、偉業挑む

7/14(土) 7:55配信

産経新聞

 ■選手&指揮官で制覇なら3人目

 フランス代表を率い、クロアチアとの決勝に臨むデシャン監督には、偉業が懸かっている。自国開催だった1998年大会で選手として優勝を経験しており、今回指揮官として世界一になれば、選手と監督両方でW杯制覇を経験した史上3人目の監督になる。「国民に幸せをもたらせるように頑張るよ」と控えめなコメントながら、闘志を内に秘めている。

 過去に、選手と監督両方でW杯に優勝したのは、ブラジルのザガロ氏とドイツのベッケンバウアー氏の2人だけ。名選手は名監督になれないといわれる。どちらか一方だけでも難しい。

 デシャン監督は現役時代から統率力が抜きんでていた。時に仲間を叱責し、時に励まし背中を押す姿勢で選手をまとめ、ジダンやアンリら名だたる選手をそろえた98年の優勝チームで主将を務めた。監督としては若手の長所に目を向けて伸ばし、積極的に起用することで自立させていった。「決勝まで来たことが素晴らしい。選手たちを誇りに思う」と信頼する選手に過度な負担をかけないよう気を配っている。

 指揮官としてたどり着いた決勝の舞台を「(20年前と)感覚は異なる。役割も違うからね」と冷静に見ている。大一番を前にしても、49歳のリーダーは平常心を貫いている。(小川寛太)

最終更新:7/14(土) 8:10
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ