ここから本文です

福島第1 外国人実習生に除染作業 4社確認、さらに調査

7/14(土) 7:55配信

産経新聞

 法務省は13日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染作業を外国人技能実習生にさせていた建設関係会社が4社確認された-と発表した。同省はこのうち1社に5年間の実習生受け入れ停止措置を行った。残り3社にも何らかの措置を行う方針。

 実習生の除染作業は今年3月に発覚。「除染は技能実習にふさわしくない」との見解を示した法務省などは、実習生を受け入れている東北・関東の建設関係会社約1千社を対象に聞き取り調査を実施している。6月29日時点で、182社の調査が終了し中間報告した。

 受け入れ停止措置を受けたのは盛岡市内の会社で、平成28年9~12月と翌29年3~5月に、ベトナム人実習生数人を福島県内で除染作業に従事させていた。

 この会社は、実習計画では実習生に建設機械を使った作業を行わせるとしていたが、ほとんどさせていなかった。また、除染作業をすると国から支給される手当を、実習生に一部しか払っていなかった。

 法務省は9月末までには全ての会社の調査を終えるという。

最終更新:7/14(土) 7:55
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ