ここから本文です

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」押見修造が映画版に「100点満点」

7/14(土) 17:00配信

映画ナタリー

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の初日舞台挨拶が本日7月14日に東京・新宿武蔵野館で行われ、キャストの南沙良、蒔田彩珠、萩原利久、監督を務めた湯浅弘章、原作者の押見修造が出席した。

【動画】「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」予告編(メディアギャラリー他9件)

うまく言葉が話せず周囲となじめない高校生・志乃と、音楽好きだが音痴な同級生・加代の交流を描いた本作。南が志乃、蒔田が加代を演じ、2人の関係を揺さぶる菊地に萩原が扮した。およそ1年ぶりに劇中衣装を着たという南と蒔田。南は「実は小さい頃からセーラー服に憧れてて、映画で制服を着ることができてうれしかったです」と撮影時の心境を明かし、蒔田も「“しのかよ”(志乃と加代のユニット名)っていう感じがする。当時に戻った気がして懐かしい」と思い出に浸った。

原作マンガは学生時代に吃音に悩んでいた押見の実体験をベースに描かれている。押見は「ひとりぼっちだった学生時代を投影したマンガを皆さんがこうして演じてくれて、さらにたくさんの人に観ていただいて本当にうれしい」と挨拶。そして映画の感想を「キャストの生々しい演技に、まるでドキュメンタリーを観ているようでした。原作者としては100点満点の出来ですね!」と笑顔で言い切り、会場からは拍手が沸き起こった。

最後に南は「私自身、コンプレックスがたくさんあった。この作品に出会うまで、それをどう排除しようか考えてきたけど、コンプレックスとどう向き合い、帰る場所を作ってあげられるかが重要だと気付けた。この作品が皆さんに伝わったらうれしい」と話し、蒔田も「同年代の学生だと特に共感できる部分がある作品。一方で大人の方も当時の気持ちや懐かしさを感じてもらえると思います」とオススメした。

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は、新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。



(c)押見修造/太田出版 (c)2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会

最終更新:7/14(土) 17:00
映画ナタリー