ここから本文です

岐阜、三重、京都で38度超=今年初、東京都心も猛暑日―熱中症防止を・気象庁

7/14(土) 15:07配信

時事通信

 東・西日本では14日、高気圧に覆われて晴れ、35度以上の猛暑日となった所が相次いだ。

 気象庁によると、岐阜県多治見市で38.7度、京都市で38.5度、岐阜県の郡上市と揖斐川町で38.4度、三重県松阪市で38.2度を観測。今年全国で初めて38度を超えた。

 京都市では7月の観測史上最高気温を更新した。東京都心(千代田区)では35.4度を観測し、今年初の猛暑日となった。主要都市の最高気温は名古屋市37.5度、大阪市36.8度、福岡市33.1度。

 全国で30度以上の真夏日となった所は全観測点の7割弱、猛暑日は2割弱で、今年最多となった。

 気象庁は15日も猛暑が続くとして、北海道と沖縄を除き、ほぼ全国に高温注意情報を発表した。水分や塩分を補給し、冷房を使うなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 

最終更新:7/14(土) 17:42
時事通信