ここから本文です

次世代真空管「Nutube」採用のポータブルプレーヤー「Cayin N8」。今秋登場

7/14(土) 15:30配信

Impress Watch

 国内外から多くのブランドが出展する、国内最大級のイヤフォン&ヘッドフォン体感イベント「ポータブルオーディオフェスティバル2018夏 東京・秋葉原(通称:ポタフェス)」が、7月14日、15日に開催。会場は秋葉原にあるベルサール秋葉原で、入場無料。コペックジャパンのブースでは、KORGのNutubeを採用したCayinのポータブルオーディオプレーヤー「N8」が参考展示されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 Cayinの新最上位プレーヤーとして開発されているのが「N8」。秋頃の発売を予定しており、価格は未定だが「30万円台をイメージしている」という。

 最大の特徴は、KORGが開発した次世代真空管Nutubeを搭載する事。Nutubeは、従来の真空管と同じようにアノード・グリッド・フィラメントの構造を持ち、完全な3極真空管として動作。真空管特有の豊かな倍音を持ちつつも、省電力化や小型化が図られた点が特徴。据置型真空管アンプを手がけるCayinが、これをポータブルプレーヤーに採用した。

 出力として3.5mmのステレオミニと、4.4mm 5極のバランス出力、さらに3.5mmのラインアウトを各1系統搭載。シングルエンド出力時はNutubeを使い、バラン出力時にはトランジスタを使用。音の違いが楽しめる。切り替えはプレーヤーのメニュー画面から行なうが、Nutubeに切り替えた際は、真空管を予熱するため「3秒待ってください」という表示が出る。

 DACは旭化成エレクトロニクスの「AK4497EQ」をデュアルで搭載。ストレージとして128GBのメモリを搭載。microSDカードスロットも備えている。USBオーディオのイン/アウトと、I2SのmicroHDMI端子なども装備する。外形寸法は128×70×20mm(縦×横×厚さ)で、重量は325g。

 「N5ii」のブラッシュアップモデルとして、筐体にステンレススチールを採用した「N5iiS」も展示。筐体が異なるだけでなく、メモリを2GBに増設し、操作性が格段に向上。

 2.5mm、3.5mm端子とディスプレイの素材もグレードアップ。内蔵ストレージは32GBから64GBに増加している。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:7/17(火) 20:52
Impress Watch

Yahoo!ニュースからのお知らせ