ここから本文です

【富山】2013年夏甲子園8強の富山第一、大勝発進!赤塚3ラン

7/14(土) 12:54配信

スポーツ報知

◆第100回全国高校野球選手権記念富山大会 ▽1回戦 富山第一10―1高岡工芸=7回コールド(14日・県営富山)

 2年ぶりの夏の甲子園を目指す富山第一が、大勝で初戦を突破した。

 2―1の5回2死からチャンスを作り、ボークで得点すると、さらに5番・赤塚稜真右翼手(3年)が一、二塁から左翼へ3ラン。この回4点を挙げて突き放し、試合を決定づけた。

 投げては背番号10の先発サイド右腕・蓬沢拡生(3年)が6回5安打1失点の好投で試合を作った。

 高校通算6号、公式戦1号となった赤塚は「(平峯康二)監督さんのアドバイスのおかげで打てました。前の打席まで体が開いてバットが出て来なかったので、『ボールを中に入れて打ってこい』と。打った瞬間は、詰まったけど、角度が良かった。(本塁打を)狙ってはいなかったけど、うれしいですね」と振り返った。

 2013年夏の甲子園で8強入り。2年ぶりの“聖地”へ、赤塚は「自分たちは挑戦者。目の前の試合を頑張っていきたい」と、ノーシードから勝ち上がっていくことに意欲を見せた。

最終更新:7/14(土) 15:44
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ