ここから本文です

首脳会談前の起訴に反発=米大統領選介入めぐりロシア

7/14(土) 17:33配信

時事通信

 【モスクワ時事】ロシア外務省は13日声明を出し、フィンランドで16日に開かれる米ロ首脳会談直前に、米特別検察官が大統領選介入疑惑をめぐりロシアの情報部員12人を起訴したことについて、「首脳会談前に雰囲気を損なおうとしたのは明らかだ」と強く反発した。

 
 外務省は「米国は大統領選介入疑惑という使い古されたでっち上げをよみがえらせようと全力を挙げている」と糾弾。「米国でうその情報の繰り返しが常態化し、明らかな政治的理由のために刑事事件がつくり上げられていることは残念だ」と批判した。ロシアは一貫して介入疑惑を否定している。 

最終更新:7/14(土) 17:41
時事通信