ここから本文です

【長野】松商学園 苦しみながら3回戦突破 保科が力投

7/14(土) 15:43配信

スポニチアネックス

 ◇第100回全国高校野球選手権長野大会3回戦 松商学園3―1飯山(2018年7月14日 松本市野球場)

 連覇を狙う松商学園が苦しみながらも3回戦を突破した。打線は8安打を放ったものの、10残塁と好機にあと一本が出ずに3得点止まり。それでも先発の保科武範(3年)が7回1/3を被安打1、1失点と好投。救援したプロ注目右腕・直江大輔(3年)が打者5人を完璧に封じて逃げ切った。

 春は腰の故障でベンチメンバー外だった保科は「打者一人一人に集中して投げられた」と笑顔。足立修監督は「この暑さの中で、(投手)1人では勝ち上がっていけない。保科が本当によく頑張ってくれた」と、直江に次ぐ存在が出てきたことを喜んだ。