ここから本文です

東北南部が梅雨明け 平年より11日早く

7/14(土) 13:40配信

産経新聞

 仙台管区気象台は14日、東北南部(福島、宮城、山形)が「梅雨明けしたとみられる」と発表した。

 東北南部は、太平洋高気圧に覆われ、おおむね晴れており、向こう1週間も同様に覆われ晴れる日が続く見通しだという。平年の梅雨明けは25日頃で、今年は11日早い梅雨明けとなる。

 山形地方気象台によると、今後は気温が上昇して最高気温30度の日々が続き、気温の高い日は35度を超える日も出てくることから「水分を取り熱中症対策などに気をつけてほしい」と注意を促した。

最終更新:7/14(土) 13:40
産経新聞