ここから本文です

安倍首相が15日の広島県視察取りやめ 「股関節周囲炎」の診断受け

7/14(土) 15:53配信

産経新聞

 首相官邸は14日、西日本豪雨を受けた安倍晋三首相の15日の広島県視察を取りやめると発表した。首相が右脚の股関節周囲炎と診断されたため。広島県視察は小此木八郎防災担当相が代行し、首相の視察は改めて検討する。

 医師の診断によると、首相の日常の行動には支障がなく、特段の治療は不要という。広島視察を取りやめた理由について首相官邸は「総理の動きがゆっくりになってしまうため、この状況で被災地を訪問すると災害対応をしている被災地に負担をかけかねないため」としている。

 首相は13日から、右の腰に手を当てながら右脚をかばうように歩いていた様子が確認されていた。

最終更新:7/14(土) 15:58
産経新聞