ここから本文です

いわきに期間限定店 W杯ロシア大会帯同の西シェフ

7/14(土) 11:44配信

福島民報

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に日本代表専属シェフとして帯同した西芳照さん(56)=福島県南相馬市小高区出身、広野町在住=は十三日、いわき市常磐上湯長谷町のいわきFCパーク内に飲食店「NISHI’S KITCHEN~スパシーバ~」を開店した。八月三十一日までの期間限定で、初日から多くの市民が料理を楽しんだ。 
 「スパシーバ」とはロシア語で「ありがとう」の意味。大会期間中に選手に振る舞ったビーフカレーや、いわき産トマトを使ったパスタなどを提供している。店内には選手のサイン入りユニホームを飾っている。 
 西さんは「日本代表に声援を送ってくれた市民に感謝を伝えたいと思い、出店を決めた。代表選手のお気に入りメニューを楽しんでほしい」と語った。来店第一号で明太子クリームパスタを食べた無職本多滋さん(63)=いわき市=は「選手と同じ料理が食べられるのはうれしい。また来て違うメニューを食べてみたい」と喜んだ。 
 時間は午前十一時から午後九時まで。問い合わせはいわきFCパーク運営室 電話0246(43)2677へ。 

福島民報社

最終更新:7/14(土) 12:08
福島民報