ここから本文です

伝家の宝刀輝く 若松「美しき刃たち」展開幕

7/14(土) 11:51配信

福島民報

 刀剣の魅力を伝える福島県立博物館の夏の企画展「美しき刃(やいば)たち~東京富士美術館コレクションと福島の名刀~」は十三日、会津若松市の同博物館で開幕した。初日から多くの歴史ファンが訪れ、美術品や伝統工芸品としての刀剣の世界を堪能した。八月十九日まで。
 同博物館、福島民報社、福島テレビでつくる刀剣展実行委員会の主催。全国的な刀剣ブームと戊辰戦争百五十周年の節目に合わせて企画した。新選組副長・土方歳三の所用刀「越前康継」を県内で初めて公開しているほか、重要文化財「銘 有綱」「銘 一(いち)」など東京富士美術館の所蔵品を展示している。県内の資料館や博物館などに収蔵されている刀剣や甲冑(かっちゅう)なども並んでいる。 
 初日はセレモニーを行い、関係者らがテープカットし、開幕を祝った。 

福島民報社

最終更新:7/14(土) 11:54
福島民報