ここから本文です

【ツール・ド・フランス2018 第7ステージ結果速報】長い長い移動ステージを制したのはフルーネウェーヘン、GVAはボーナスタイム3秒獲得

7/14(土) 6:04配信

J SPORTS

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第7ステージハイライト

フジェールを出発しシャルトルへと向かう今大会最長213kmの移動ステージ。連日の中級山岳コースの疲れが残るのか、ファーストアタックを吸収したあとプロトンは膠着状態に陥った。トーマス・デハント(ワンティ・グループゴペール)が単騎で13kmほど先行、吸収の際にカウンターでアルテュール・ヴィショ(グルパマ・エフデジ)、イヴ・ランパルト(クイックステップフロアーズ)、トニー・ガロパン、オリバー・ナーセン(共にアージェードゥゼール・ラ・モンディアル)、ルーカス・ポストルベルガ―(ボーラ・ハンスグローエ)、ミヒャエル・ゴグル(トレック・セガフレード)、トーマス・デヘント(ロット・ソウダル)、エドワード・トゥーンス(チームサンウェブ)、サイモン・ゲランス(BMCレーシングチーム)、ジュリアン・ヴェルモト(チーム ディメンションデータ)という強力な10選手での先頭グループが形成されたが、それも12km程度でメイン集団は飲み込んだ。

スタートから35km経過したところでヨアン・オフレド(ワンティ・グループゴペール)が1人抜け出し唯一の山岳ポイントを獲得、最大9分程度のタイム差で108kmほど先行したものの横風分断作戦で加速したメイン集団があっさり吸収。次に飛び出したのはローラン・ピション(チーム フォルテュネオ・サムシック)、中間スプリントポイントを先頭通過しフェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ)、ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)、アレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ)が続いた。

残り距離38kmでこの日の敢闘賞ピション吸収すると、集団スプリントに向けたチーム間の水面下での争いが火花を散らす。ロット・ソウダル、BMCレーシングチーム、アスタナ プロチーム、アージェードゥゼール・ラ・モンディアルらが集団前方縦一列で隊列を組み、徐々に速度を上げていく。ボーナスタイムポイントでは誰もが脚を温存し、争わずにマイヨ・ジョーヌ着用のグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシングチーム)が3秒のボーナスタイムを獲得した。

1/4ページ

最終更新:7/14(土) 6:38
J SPORTS