ここから本文です

沖縄在住、31歳が見た北朝鮮「丁寧でシャイな人たちだった」 米朝首脳会談の10日前

7/14(土) 11:12配信

沖縄タイムス

 2018年6月12日、米国と北朝鮮の歴史的な首脳会談が開かれた。その10日前、沖縄在住の長濱良起さん(31)は北朝鮮に居た。北京から国際列車に乗り、国境を越え、丸1日かけて平壌に到着。車窓からは農業に励む市民の姿が見え、平壌では伝統衣装に身を包んで笑う子どもたちがいた。北朝鮮の人たちの姿を撮影した写真展を14日から浦添市内で開く。(デジタル部・與那覇里子)

 長濱さんは琉球大学卒業後、旅に出た。沖縄の伝統楽器、三線を片手に1年9カ月かけて世界各地を回った。
 「30カ国ほど行って分かったのは、日本で考えていた国のイメージと実際が違うことだった。国家の問題は複雑かもしれないけれど、世界中どこの人もご飯を食べる時はみんなおいしいと思って食べるし、うれしい顔をする。例えば、中東はテロなどで危険なイメージがあるかもしれないが、局地的なものではあるしそればかりの毎日ではない。お茶を飲み、ケバブを食べる、普通の市民の日常の営みに触れることができた」

 「経験を通して、国際化というのは、違いを知ることよりも、同じ共通点を見つけることだと思う。共感できることがあれば、人と人は壁がなくなるし、協力することができる」

 北朝鮮にはいつか行きたいと思っていた。政治体制は反対だが、普通の、市民の素顔は報道されない。これまで世界を旅して改めて実感したのは、私たちのような一般市民が日常で感じる喜怒哀楽は、世界のどこに行っても変わらないということだった。

 「例えば、大日本帝国から日本国に国家体制が変わったからといって、人々の性格が変わるわけではない。日本と北朝鮮も国家の体制は全く違うが、市民とは共感できることもあるだろうし、僕たちと変わらない人たちかもしれない。それを確認したかった」



 今年の3月から、沖縄から近い国の言葉を学びたくて、北京に短期で語学留学した。時々、北朝鮮の人に会うし、留学生もいた。「案外、北朝鮮は近いかも」と思っていた矢先、北朝鮮向けツアーを企画する会社で働くイギリス人女性と知り合った。彼女は月に2~3回北朝鮮に行っていた。

 知り合って3日後、1週間分の旅費、約13万円分を払った。5月30日、12人のツアーで平壌に向かった。北朝鮮のガイドは計2人付いた。

 「車窓から外をずっと眺めていた。国境から、平壌に着くまで、農村が続いた。農作業をしている人たちは疲れているのか、農道に座ったり、寝たりしている人の姿もあった」

1/3ページ

最終更新:7/14(土) 11:20
沖縄タイムス

Yahoo!ニュースからのお知らせ