ここから本文です

自販機の陰に住みついた老猫 放っておけず家に迎え入れた

7/14(土) 10:02配信

sippo

 古いアパートが取り壊された後、近くにある自動販売機の陰に1匹の猫が住みついた。人によく馴れ、かわいがられていたが、年老いた猫を誰も引き取ろうとはしなかった……。ある日、近所に住む夫婦が一緒に暮らすことを決意した。

【写真特集】自販機の陰で暮らし、保護された老猫 13枚

 中高年の夫妻が、その猫に出会ったのは、一昨年の夏のことだった。

 夫妻の趣味はランニング。走るのは仕事終わりの夜だ。東京都心の自宅マンションを出て、坂を下った所をスタート地点にしていた。ある夜、その坂の下にある自動販売機の灯りの中に、1匹の猫がいることに気がついた。

「近所の人に聞くと、急にどこかからやって来て居着いたようでした」

 妻は、動物愛護センターに確認したが、迷猫の届け出はなかった。避妊処置とワクチン接種をしようと、動物病院に連れていくと、すでに避妊がされていた。人に馴れているので、もともと飼われていた猫かもしれない、と思った。

「自販機の近くに、古いアパートあって以前はたくさんのお年寄りが住んでいました。でもそこが取り壊されたんです。引っ越し先に連れていけなかったのかわかりませんが、誰かとともに、長く生きてきたのかもしれません」

寒い夜にぽつんと

 夫妻は “自販機の猫”をよく目にした。小学生に抱かれたり、町の人に可愛がられたりしていた。だが、水をがぶがぶと飲み、自販機の陰では雨をしのげないのか、体が濡れていることもあった。路上で暮らす猫が、日に日に気になっていった。

 それでも、すぐに家に入れてあげることはできなかった。その時、家には2匹の若い保護猫がいたからだ。夫婦が初めて迎えた猫たちだった。

「猫の初心者の私たちのもとで、保護猫たちがようやく家に慣れて生活のリズムができあがったところでした。共働きで2人とも仕事に出かけるし、年をとった猫をうまく世話できるだろうかと考えあぐねました」

 老猫は誰が引き取るでもなく、町の猫として、1カ月、2カ月と自販機の周りで暮らし続けていた。吹く風がだんだんと冷たくなってきた。

「寒い中でかわいそう……。いやがらせをされそうになったこともあったし、うちに連れてこようか」

「雨も降ってきたし、このままじゃ死んじゃう。迎えてあげよう」

 そう決心したのは、初めて見かけてから3カ月後、11月のことだった。

 その日をよく覚えている、と夫がいう。

「ちょうどアメリカの大統領選でトランプが勝った日で、テレビは大騒ぎ。ニャロミは家で大騒ぎでした」

1/2ページ

最終更新:7/14(土) 11:05
sippo