ここから本文です

熱中症厳重警戒 名古屋・岐阜・京都で38℃、東京35℃予想

7/14(土) 6:13配信

ウェザーマップ

 きょう14日(土)は、全国的にきのうをさらに上回る厳しい暑さとなり、所々で35℃以上の猛暑日となりそうだ。先日の豪雨で被害のあった地域でも35℃以上になる見込みで、熱中症には厳重に警戒したい。

 日本付近は、太平洋高気圧に覆われ晴れて強い日差しが照りつけることと、上空に非常に暖かな空気が流れ込んでいるため、きのう以上に気温が上がりそうだ。
 西日本や東日本を中心に、最高気温35℃以上の猛暑日となる所が多く、大雨で被害があった岐阜や京都でも38℃、岡山は36℃、広島は35℃など猛烈な暑さが予想されている。
 東京都心でも最高気温35℃が予想されており、今年初めての猛暑日となりそうだ。

熱中症に厳重警戒

 健康な人でも熱中症のリスクが高いため、野外での運動や作業は原則控えたほうがよい気温となる。復旧作業なども細心の注意が必要だ。
 熱中症は予防が一番で、初期の段階ならば数時間から数日で回復することが多いが、症状が重くなると命を落とすことがある。この週末は熱中症へのできる限りの対策を心がけたい。

【きょう14日(土)予想最高気温】
38℃ 名古屋・岐阜・京都
37℃ 熊谷・大阪・日田など
36℃ 福島・さいたま・津・岡山など
35℃ 東京・神戸・広島など

(気象予報士・長谷部愛)

最終更新:7/14(土) 6:21
ウェザーマップ