ここから本文です

【動画】被災地は特に熱中症に厳重警戒 酷暑の3連休(14日7時更新)

7/14(土) 7:37配信

ウェザーマップ

 連休初日のきょうは、全国的に晴れて、西・東日本を中心に猛烈な暑さになりそうです。 35℃以上の猛暑日が続出し、40℃に迫る所も。この危険な暑さは少なくても、連休中にかけて続きます。熱中症に厳重に警戒して下さい。

 きょうは、全国的に晴れて、きのう、雨の降った東北地方でも、広く晴れ間が戻りそうです。東北地方では、北部・南部ともに、きょうにも梅雨明けの発表があるかもしれません。
 東・西日本も、強い日差しが照りつけて、最高気温は、名古屋38℃、大阪37℃、東京35℃など、各地で今シーズン一番の暑さに。東京は、今年初めての猛暑日となりそうです。大雨の被災地である広島、岡山、岐阜でも危険な暑さが続きます。断水していたり、電気の使えない所もあると思います。風通しのよい日陰に入るだけでも、照り返しが少ない分、だいぶ暑さが和らぐので、無理のないようにお願いします。暑さで、食べ物も傷みやすくなるため、食中毒にもお気をつけ下さい。

 また、気温の上がる午後は、広範囲ではないものの、山沿いを中心に、にわか雨や雷雨があるかも知れません。地盤の緩んでいる所もありますので、少しの雨でも油断は禁物です。

 この猛暑と不安定な天気は、連休中も続きます。更に、今月下旬まで高温の状態が続くおそれがありますので、体調の管理には十分お気をつけ下さい。(気象予報士・桐谷景子)

最終更新:7/14(土) 7:37
ウェザーマップ