ここから本文です

大阪市が廃棄物処理支援隊を被災地に派遣

7/14(土) 1:25配信

ABCテレビ

大阪市は、西日本豪雨の被災地で発生したごみの運び出しを後押しするためごみ収集車などを岡山県倉敷市に派遣しました。

13日午後、大阪市のごみの収集車両12台、搬送車両2台、市の職員30人が、岡山県倉敷市に向けて出発しました。西日本豪雨の被災地では、大量のごみの処理が必要となっているため、自治体の枠を超えたごみ収集車の広域派遣は、福岡県でも始まっています。被災した住宅などから出たごみは放置され、衛生面が懸念されています。大阪市の派遣部隊は、18日まで、倉敷市でごみの運び出しを支援する予定です。

ABCテレビ

最終更新:7/14(土) 1:25
ABCテレビ