ここから本文です

旧日本海軍の潜水艦「呂500」を発見した測深機

7/14(土) 9:27配信

ニュースイッチ

  東陽テクニカは、京都府の若狭湾沖で発見された旧日本海軍の「呂500」などの潜水艦発見に、同社が販売するマルチビーム測深機「ソニック2024」が活躍したと発表した。ソニック2024は2015年以降の長崎県五島列島沖における沈没潜水艦調査でも、艦名特定や写真撮影の支援で貢献している。実績を武器に、大学や研究機関、民間測量会社などへの拡販に力を入れる。

 マルチビーム測深機は、港湾土木工事の情報通信技術(ICT)化に不可欠な海洋調査機器。若狭湾では呂500、同68、伊121の3隻の潜水艦が連合国軍総司令部(GHQ)の命令で海没処分されており、ソニック2024で沈没位置を特定、有索遠隔操作型無人潜水機(ROV)での撮影による艦名特定につなげた。ソニック2024は小型漁船などにも取り付けが可能。同社はこれまでも海底遺跡調査などに協力している。

最終更新:7/14(土) 9:27
ニュースイッチ