ここから本文です

「もう産めないから」 繁殖業者が手放した白く大きな犬

7/14(土) 15:05配信

sippo

 柴犬やプードル、ゴールデン・レトリーバーなど、特定の犬種だけを専門に繁殖させるブリーダーがいる。善良なブリーダーは犬を大切に終生飼養するが、そうではない業者もいる。そんな業者から「もう産めないから」という理由で手放されたのが、白く大きな犬「グレート・ピレニーズ」のポーラだった。

【写真特集】繁殖業者が手放した、大きな優しい犬 10枚

出産後すぐに手放された繁殖犬

 ポーラは、推定8歳。保護団体Ley-Line(レイライン)が別の団体から引き受け、今年2月に、大阪の一時預かりボランティアの鳥飼さん宅にやって来た。ブリーダーが「もう高齢で、これ以上出産できないのでいらない」と言って手放した犬だという。

 鳥飼さんは言う。「うちに来た時は、まだ悪露(おろ)がポタポタ出ている状態で、出産後3~4週間しか経っていなかったと思います」。悪露とは、出産後に子宮から出てくる胎盤や子宮内膜などが混ざったものをいう。

 つまり、ポーラは出産後すぐに手放されたことになる。ブリーダーは手元に置いて、えさ代など経費をかけることを嫌った。だが、不幸はポーラだけでなく、ポーラが産んだ子犬たちにも及ぶ。母犬の乳を飲まず、愛情も受けず、免疫力をつけて健康に育つことなく、子犬に必要不可欠な社会化の機会も失ったのだ。

出会いを待つ日々

 鳥飼さんは、ポーラを預かった時のことをこう振り返る。

「出産直後だったためか、体重はまあまあありました。でも、筋肉があまりなく、歩くのもしんどそうでした。首や脇、お尻の毛もはげていましたし。当時、うちは小型犬の子を数匹預かっていたのですが、ポーラは他の犬を踏まないように気をつけていました。優しい子なんです」

 高齢の域に差しかかった超大型犬のため、譲渡先を探すのは難しそうだ。それでも幸いフィラリアは陰性で、差し迫った病気もないようだった。人とのコミュニケーションもできる。自宅でトリマーをしている鳥飼さんは、里親をみつけやすいようにポーラの毛の手入れをして、その時が来るのを待っている。鳥飼さんはLey-Lineの譲渡会にポーラを連れて参加したが、譲渡希望者はいまだ現れない。

1/2ページ

最終更新:7/14(土) 15:05
sippo

Yahoo!ニュースからのお知らせ