ここから本文です

手洗い、97%の確率でやり方間違っているそうなので、こちらのガイドをどうぞ

7/14(土) 12:40配信

ギズモード・ジャパン

手、ちゃんと洗ってますか? 本当に? いや、正しくですよ?

どうやらちゃんと洗っているつもりでも、私たちは97%の確率でちゃんと洗えてないそうです。しっかり洗わないと、病気にかかったりうつしてしまう可能性もあるので、注意しなきゃけません。

【画像】手洗い、97%の確率でやり方間違っているそうなので、こちらのガイドをどうぞ

飲食店スタッフもきちんと手洗いできていなかった

アメリカ農務省によると、米疾病管理センターの定める「手洗いの基準」を満たした手洗いをしている人はほとんどいません。正しくは最低でも20秒間、石けんを使ってしっかり手を擦りあわせて洗わなきゃいけないんだそうです。アメリカのノースカロライナ州の6つの調理施設で363人に手洗いの調査をしたところ、ほとんど全員が手洗い不合格に。外食するとき、ちょっとゾっとしそう。

また、正しい手洗いができていないだけでなく、たくさんの調査対象者が手を乾かさなかったとか。食品を扱うというのに、エアドライ…ですか。

20秒洗わなきゃいけないところを2、3 秒短くするくらいならそこまで悪くないのですが、そもそもちゃんと洗えていないことが問題になっていくとアメリカ農務省は指摘しています。しっかり洗えていない手で、ハンバーガーを作ると、調味料の入れ物にばい菌がつきますよね。冷蔵庫の持ち手なんかにも。

ばい菌は見たり、臭ったり、触ったりできませんから、とにかくしっかりと手洗いをして、食べ物にばい菌をつけないようにするしかないです

このようにアメリカ農務省のCarmen Rottenbergさんは話しています。結構ショッキングなのは、以前に比べて悪化しているかもしれないこと。2013年にミシガン州立大学で行なわれた手洗い調査は、5%の人がちゃんとした手洗いができていたとのこと。この結果は今回の2倍に相当します。まだマシですね。

ゆっくりしっかり洗えば大丈夫

はい、ではこれが米疾病管理センターが定める手洗い基準ですよ。

1. きれいな流水で手を濡らし、蛇口を閉めてから、石けんをつける。

2. 手をこすりあわせて石けんで泡を作る。手の裏側、指の間、爪の中も忘れずに洗うこと。

3. 最低でも20秒間手をこする。20秒がわかりにくい? そんな時は「ハッピーバースデー」の歌を2回歌い切るとちょうど20秒。

4. きれいな流水で手をしっかりすすぐ。きれいなタオルやハンドドライヤーで乾かす

結構普通のプロセスですが、「しっかりやる」というのがポイントかもしれないですね。夏は特に食べ物関係でお腹を壊しやすかったりするので、しっかり手洗いしていきましょう。

Image: makieni/Shutterstock.com
Source: CNN

AJ Dellinger - Gizmodo US[原文]
(岩田リョウコ)