ここから本文です

ウィル・スミスのロシアW杯No.1シーンは...。

7/14(土) 15:54配信

SPORT.es

ハリウッドスターのウィル・スミスは、ロシアW杯の閉会式でパフォーマンスを披露する。
13日、記者会見に参加したウィル・スミスは、クリスティアーノ・ロナウドが大好きだと語り、ピッチでのシミュレーションを批判されているネイマールを擁護している。

W杯決勝、過去3大会に起きるGKにまつわる“呪い”

「僕はネイマールといい関係がある。彼は優れた仕事をした。いい時もあれば、悪い時もある。(※1)“インディペンデンス・デイ”のような日もあれば、(※2)”ワイルド・ワイルド・ウェスト”のような日もある。」とルジニキ・スタジアムで行われたプレスカンファレンスで説明している。

W杯トロフィーの横で姿を見せたウィル・スミスは、ブラジルのジャーナリストに提案されるもネイマールのシミュレーションをプロの俳優としての視点から評価することは避けている。
「ブラジルは僕の好きなチームの一つだ。僕が子供の時、ペレが大好きだった。」と語っている。

また、ジャーナリストにW杯で最もイケている選手について聞かれたスミスは、「クリスティアーノ・ロナウドが大好きだ。一度しか見ていないが、突出したパフォーマンスを見せてくれた。」とためらうことなく口にしている。

さらに、ロシアW杯で最も印象に残っている瞬間には、クロアチアのGKダニエル・スバシッチが大腿部に怪我をしながらもプレーを続け、PK戦での最初のシュートを止めた場面(準々決勝ロシア戦)をあげ、「凄かっただろ!?“どうやったら出来るんだ”って言いたいぜ!」と驚きそのままに答えている。

閉会式については、フットボールにおいて最も重要なイベントに参加できることを非常に光栄だと言及している。
「W杯は世界がハーモニーを奏でる特別な瞬間の一つだ。(※3)ニッキー・ジャムが今回のチャンスを提案してくれたとき、即答したね。」

(※1)ウィル・スミス主演の大ヒット映画
(※2)同主演の大コケした映画
(※3)ラテン音楽界のスター

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:7/14(土) 15:54
SPORT.es