ここから本文です

大阪で、ルイ・ヴィトン展の無料開催がスタート

7/14(土) 9:00配信

Lmaga.jp

『ルイ・ヴィトン「Time Capsule」展』が、7月13日から「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で開催。製品や映像を通じて、160年以上の歴史を振り返る内容となっている。

【写真】ルイ・ヴィトンのポストカードをプレゼント

1854年に旅行鞄専門店として誕生したブランド「ルイ・ヴィトン」。今回の企画展はマドリッド、メルボルン、ロサンゼルスを巡回し、日本では初開催。トランクを中心に紹介し、当時の旅のスタイルに合わせて作られた車や船用のバッグなどが、現在のデザインに与えた影響を感じられる内容に。

「歴史的に日本との関係性が深いことを示すような展示もあるので、ぜひ注目していただければ」と担当者が語る通り、板垣退助が所有した日本で現存する同ブランド最古のトランク、故・團十郎が息子・市川海老蔵のために特注した着物ケース、19世紀に同ブランドがデザインした「奈良ホテル」「ホテルオークラ」などのホテルラベルも並ぶ。

通常の百貨店のギャラリーから一変して近未来的な空間となっており、無料ながらも高級ブランドの世界にじっくり浸ることができる。また、ロゴや製品をデザインしたポストカードのプレゼント(1人1枚限定)も人気となりそうだ。期間は8月1日まで。

 

最終更新:7/14(土) 9:41
Lmaga.jp

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ