ここから本文です

超軽量機が電線に引っ掛かり墜落、73歳死亡

7/14(土) 14:28配信

読売新聞

 14日午前10時10分頃、水戸市元石川町で「小型飛行機が墜落した」と119番があった。水戸署や同市消防本部によると、墜落したのは同市の山口雅之さん(73)が操縦する一人乗りの超軽量飛行機(ウルトラライトプレーン)。山口さんは病院に搬送されたが、同日午後0時半頃、死亡が確認された。現場は、北関東自動車道水戸南インターチェンジの南東約2キロ付近。住宅造成地だが周囲にまだ建物はなく、草地となっている。

 機体は電線に引っ掛かり地面に落ちたとみられ、同署で原因を調べている。

最終更新:7/16(月) 2:49
読売新聞