ここから本文です

松坂大輔が12年ぶり球宴で見せた“流儀” 20年前と変わらず貫くスタイル

7/14(土) 11:13配信

Full-Count

オールスターは1勝3敗、防御率11.77も結果関係なしの真っ向勝負

 7月13日のオールスター第1戦、2006年以来12年ぶりにオールスター戦に出場した松坂大輔は、1回を投げ2本塁打を喫するなど自責点5だった。9月に38歳になる松坂の衰えを感じたファンも多いかもしれないが、実は「松坂らしい」登板をした、と見ることもできるのだ。

【写真】“躍動”するドアラに思わず松坂も爆笑! ものスゴイ“松坂効果”、平日なのにサイン会にはこの行列!

 松坂大輔のオールスターでの戦績を見ていこう。

〇1999年第1戦(西武ドーム)敗戦投手
3回2被安打1与四球5奪三振、失点2自責点0 
【1回】
1(遊)石井琢(横)三振
2(指)鈴木尚(横)三振
3(右)高橋(巨)中直
【2回】
4(中)松井(巨)左飛
5(二)ローズ(横)三振
6(一)ペタジーニ(ヤ)三振
【3回】
7(左)関川(中)四球
8(捕)古田(ヤ)中前打
9(三)二岡(巨)三振
1(遊)石井琢(横)左犠飛
2(指)鈴木尚(横)中前打
3(右)高橋(巨)投飛

 セの先発は上原浩治。前年のドラフトの目玉が揃って第1戦の先発を務めた。18歳の松坂は2回まで4奪三振、3人ずつで斬って取ったが、3回先頭の関川を歩かせたのを皮切りに失策も絡んで2失点。負け投手になった。対照的に上原は勝ち投手となった。

〇2000年第2戦(グリーンスタジアム神戸)敗戦投手
2回4被安打2与四球0奪三振、失点3自責点3 
【1回】
1(左)坪井(神)右前打
2(三)立浪(中)四球
3(中)新庄(神)遊飛
4(一)ペタジーニ(ヤ)一ゴロ
5(指)山崎(中)右前打
6(右)高橋由(巨)右前打
7(二)木村拓(広)四球
8(捕)谷繁(横)右邪飛
【2回】
9(遊)二岡(巨)三内安
1(左)坪井(神)一ゴロ
2(三)立浪(中)遊直
3(中)新庄(神)中飛

 第2戦に先発したが、1回にいきなり3失点し、敗戦投手となる。この年が日本最後のオールスターとなったイチローは4打数4安打の大活躍だった。

〇2001年第2戦(横浜スタジアム)敗戦投手
1.0回9被安打2与四球0奪三振、失点6自責点6
【3回】
8(捕)谷繁(横)中越二
9(右)真中(ヤ)中前打
1(遊)石井琢(横)右前打
2(二)井端(中)投ゴロ
3(一)ペタジーニ(ヤ)右前打
4(中)松井(巨)中越本
5(三)江藤(巨)左飛
6(左)鈴木尚(横)中前打
7(指)稲葉(ヤ)遊内安
8(捕)谷繁(横)右飛
【4回】
9(右)真中(ヤ)四球
1(遊)石井琢(横)左前打
2(二)井端(中)中前打
3(一)ペタジーニ(ヤ)四球

 先発の近鉄・前川克彦に続く2番手として登板したが、先頭の8番・谷繁から3連打を食らうなど3回に5失点。4回もマウンドに上がったが打者4人に2被安打2与四球で、アウトを取ることなく日本ハムの下柳と交代し、負け投手となった。

 2002、2003年もオールスター戦に選出されたが、故障のため出場を辞退している。

1/2ページ

最終更新:7/14(土) 15:58
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/26(水) 8:40