ここから本文です

ソフトバンク、豪雨の被災者支援で本拠に募金箱設置

7/14(土) 16:03配信

日刊スポーツ

 ソフトバンクは14日、ソフトバンク選手会とともに西日本豪雨の被災者支援のため、試合前に選手による募金呼びかけ、募金箱の設置を行うと発表した。

 ヤフオクドームでは16、17日の西武戦試合前に午後3時45分~午後4時に8ゲート付近のFAN!FUNステージでソフトバンク、西武の選手が募金の呼びかけを行う。

 2軍ではタマホームスタジアム筑後で、16~19日のウエスタン・リーグ阪神戦の試合前、球場メインエントランス前で募金の呼びかけを行う。

 また、募金箱をヤフオクドームに7月16、17日の西武戦、26日ロッテ戦、27~29日楽天戦の6日間設置する。タマホームスタジアム筑後には7月16~22日、24日~29日の計13日間設置する。

 集まった募金は福岡県共同募金を通じて、中央共同募金会に対し、義援金として寄付する。

最終更新:7/15(日) 18:18
日刊スポーツ