ここから本文です

千葉黎明が大勝発進、初先発岡沢7回1失点/東千葉

7/14(土) 17:08配信

日刊スポーツ

<高校野球東千葉大会:千葉黎明8-1成田国際>◇14日◇2回戦◇ZOZOマリンスタジアム

 千葉黎明が、先発した岡沢倫太郎投手(3年)の好投で成田国際に8-1、8回コールドで勝利した。

 岡沢は、公式戦初先発ながら最速139キロの力のあるストレートとキレのあるタテのカーブで7回を10奪三振。「高めのストレートで空振りを取れたのがよかった」と、振り返った。

 7回終了直後には、暑さと緊張から右足太ももがつってしまい、自ら監督に申告し降板。「最後まで投げたかった」としながらも、「マリンスタジアムのマウンドは、楽しかった」と、笑顔を見せた。「県大会は通過点。僕たちの目標は甲子園優勝。これからも強気で戦っていきたい」と、初戦の好投に自信をつかんだ岡沢は、全国制覇を見据えた。

最終更新:7/15(日) 21:26
日刊スポーツ