ここから本文です

SNSで若者呼び込みたい 大学生が「海の家」オープン

7/14(土) 16:46配信

紀伊民報

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が14日、オープンした。両大学の学生は「すてきな海水浴場なのに知られていない。SNS(会員制交流サイト)で若者を呼び込みたい」と意気込んでいる。

 両大学とも同市と地域活性化の連携協定を結んでいる。海の家の運営は、和歌山大が5年目、関西大が3年目。

 和歌山大の店はカレーやラーメン、ビールなど定番メニューをそろえる。米は地元のブランド米「熊野米」を使用。SUP(サップ、スタンドアップパドルボード)やエアソファの貸し出しもする。

 関西大の店は「アメリカン」がテーマ。ハンバーガーやロコモコ丼、アメリカンビールなどをそろえる。今年は、炭酸水で割ったソフトドリンク「フィズ」を加えた。階層で色がカラフルに分かれ、「インスタ映え」するという。

 営業は8月19日まで。午前10時~午後5時。和歌山大のみ8月31日まで営業し、夜間営業(午後5時~9時)もある。

 問い合わせは田辺観光協会(0739・26・9929)へ。

最終更新:7/14(土) 16:46
紀伊民報