ここから本文です

数年前の“失望”を経て…スイス代表シャキリが約20億円でリバプール移籍「ようやく加入できた」

7/14(土) 8:53配信

ゲキサカ

 リバプールは14日、ストーク・シティに所属するスイス代表MFシェルダン・シャキリ(26)の獲得を発表した。背番号は『23』に決定。英『BBC』によると移籍金は1300万ポンド(約19億3300万円)で、契約期間は5年となるようだ。なお、両クラブに先駆けてスイスサッカー協会(SFV)が“フライング発表”を行っていた。

 2009年1月に母国のバーゼルとプロ契約を結んだシャキリは、バイエルン、インテルを経て2015年8月にストークへ移籍。スイスとドイツで5度のリーグ優勝を飾ったほか、バイエルン時代の2012-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)優勝も経験した。

 スイス代表としては通算74試合で21得点を記録。ロシアW杯では1ゴール1アシストでグループリーグ突破に貢献し、決勝トーナメント1回戦で敗れるまでの全4試合に出場した。

 シャキリはリバプール加入にあたり、クラブ公式サイトを通じて「ここに来ることができてとても嬉しい。偉大な歴史と選手、素晴らしいコーチを持つビッグクラブだ。だから本当に嬉しく思うよ。数年前にも来たかったが、その時は実現しなかった。ようやく加入できて本当に幸せだ。ベストを尽くしてタイトルを獲得したい。そのためにここへ来た」とコメントしている。

最終更新:7/14(土) 8:53
ゲキサカ